がん治療◎悪化するがん治療
癌治療トップ 肝臓がん 胃がん 子宮頸がん 大腸がん 乳がん 肺がん

再発とは

癌の基礎知識と癌の予防

再発とは、一度手術により体内から取り除いたはずの癌が再び出現することを言います。

再発の場所には、①「最初に手術した場所」と②「他の臓器」があります。

①を「局所再発」、②を「遠隔再発」と言います。

局所再発の場合、手術時の取残しや多発性病巣が原因と言われています。

遠隔再発の場合は手術した時点ですでに転移が起きているようです。

■がん治療◎悪化するがん治療
肝臓がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳癌、肺がんなど、代表的ながんの説明と治療・再発の治療などを説明します。がんの基礎知識を身に付け、がん予防を意識した生活を心がけましょう。

Error

403 Forbidden アクセス権がありません

Date: 2017-12-14T22:17:58+09:00

your IP: 202.254.234.15