がん治療◎悪化するがん治療
癌治療トップ 肝臓がん 胃がん 子宮頸がん 大腸がん 乳がん 肺がん

抗癌剤とは

癌の基礎知識と癌の予防

抗癌剤は毒ガスから偶然開発されたと言われています。

毒ガスの中に癌細胞に対して効果を持つものがあったそうです。

現在では薬剤も進化して様々なものがあります。

抗癌剤の殆どは癌細胞の増殖と、腫瘍の増大を抑えるのもだそうです。

抗癌剤には、癌細胞に効果があり、正常な細胞への影響が少ないということが求められます。

抗癌剤の有効性は癌の種類により異なります。

また、手術や放射線治療との併用により効果が得られる場合もあります。

■がん治療◎悪化するがん治療
肝臓がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳癌、肺がんなど、代表的ながんの説明と治療・再発の治療などを説明します。がんの基礎知識を身に付け、がん予防を意識した生活を心がけましょう。

Error

403 Forbidden アクセス権がありません

Date: 2017-12-14T22:18:56+09:00

your IP: 202.254.234.15