がん治療◎悪化するがん治療
癌治療トップ 肝臓がん 胃がん 子宮頸がん 大腸がん 乳がん 肺がん

抗癌剤治療の副作用

癌の基礎知識と癌の予防

抗癌剤治療には副作用が伴います。

副作用の主な症状として下記のものがあります。

・吐き気、嘔吐
・脱毛
・疲労感
・食欲低下
・出血
・下痢
・発熱
・皮膚トラブル
・口内炎
・白血球減少

副作用は抗癌剤の種類や量により異なります。

また個人差もあるようです。

抗癌剤治療を受ける際には、事前に副作用について詳しく説明を受けることが大切です。

■がん治療◎悪化するがん治療
肝臓がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳癌、肺がんなど、代表的ながんの説明と治療・再発の治療などを説明します。がんの基礎知識を身に付け、がん予防を意識した生活を心がけましょう。

Error

403 Forbidden アクセス権がありません

Date: 2017-12-14T22:17:52+09:00

your IP: 202.254.234.15