がん治療◎悪化するがん治療
癌治療トップ 肝臓がん 胃がん 子宮頸がん 大腸がん 乳がん 肺がん

癌とは

癌の基礎知識と癌の予防

癌とは、体内の細胞が異常を起こした時に起こる病気全体の事を言います。

体の全ての器官は様々な細胞から出来ています。

通常この細胞は、必要な時だけ一定の法則に従い分裂増殖します。

それにより体の健康を維持することができるのです。

しかし細胞がコントロールを失い、必要が無いのに分裂増殖すると、大量の組織ができます。

この組織により作られたシコリは「腫瘍」と呼ばれます。

この「腫瘍」には良性のものと悪性のものがあります。

・「良性腫瘍」・・・癌ではありません。体の他の部位への転移・再発は無く、生命が脅かされる心配もありません。

・「悪性腫瘍」・・・癌のことです。その特徴として①浸潤、②転移、③再発の3つがあります。

①は癌細胞が周りの組織や器官に浸透して発育し、破壊していくことです。

②は癌細胞が血管やリンパ系に入り、体の他の部位に広がり、新しい腫瘍が出来る事です。

③は腫瘍を切除した後に再び癌が発現することです。

癌を引き起こす原因の一つとして「癌関連物質」があります。

・「発癌物質(イニシエイター)」・・・正常な細胞を癌細胞に変化させる物質。

・「癌促進物質(プロモーター)」・・・発癌物質により癌化した細胞の増殖を促進する物質。

■がん治療◎悪化するがん治療
肝臓がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳癌、肺がんなど、代表的ながんの説明と治療・再発の治療などを説明します。がんの基礎知識を身に付け、がん予防を意識した生活を心がけましょう。

Error

403 Forbidden アクセス権がありません

Date: 2017-12-14T22:18:43+09:00

your IP: 202.254.234.15