がん治療◎悪化するがん治療
癌治療トップ 肝臓がん 胃がん 子宮頸がん 大腸がん 乳がん 肺がん
速報<$MTEntryBody$>

がん治療◎悪化するがん治療

スポンサードリンク

肝臓がん 肝細胞がんは、肝炎や肝硬変症などのトラブルのある肝臓にできます。日本では肝細胞がんが多くなっていると言われています。肝臓がんとは、肝細胞からできる肝細胞がんと、肝臓を通る胆管の細胞からできる胆管細胞がんの二つに分けられいます。
(肝臓がん治療はこちら)
胃がん 胃がんとは、胃の粘膜の細胞が悪性化したがんで、胃がんは日本でもっとも多いがんの一つです。胃がんの治療には手術を行います。早期がんは胃壁の筋層に進入する前の状態を言い、手術をすればほぼ完治すると言われています。
(胃がん治療はこちら)
子宮頸がん 子宮頸がんとは、膣側にでている子宮頚部にできるがんを言います。子宮頸がんの早期は無症状なことが多いですが、膣鏡で発見できる場合が多く毎年の検診などで早期がんを発見できる可能性の高いがんと言われています。
(子宮頸がん治療はこちら)
大腸がん 大腸がんの90%以上が腺がんと言われています。悪性度の低い高分化型の発生率が半数以上で、手術で治癒できる可能性が高いのが大腸がんの特徴です。
(大腸がん治療はこちら)
乳腸がん 乳がんは、母乳分泌の「乳腺上皮」というところから発生する悪性腫瘍です。乳がんは癌の中でも進行が比較的ゆっくりした癌です。しこりができて発見されるタイプの癌の大半は浸潤がんと言われています。
(乳腸がん治療はこちら)
肺がん 肺癌はがん細胞の形により、大細胞がん、小細胞がん、扁平上皮がん、腺がんの4種類に大きく分けられます。肺癌は、脳、骨、肝臓などの代表的な場所に多く転移が見られます。
(肺がん治療はこちら)

必ず担当の医師にご相談下さい

■がん治療◎悪化するがん治療
肝臓がん、胃がん、子宮頸がん、大腸がん、乳癌、肺がんなど、代表的ながんの説明と治療・再発の治療などを説明します。がんの基礎知識を身に付け、がん予防を意識した生活を心がけましょう。

Error

403 Forbidden アクセス権がありません

Date: 2017-11-19T19:16:32+09:00

your IP: 202.254.234.15